for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE1: 東京外為市場・15時=ドル93円前半、1月高値93.78円が視野に

       ドル/円JPY=   ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 93.22/28  1.3409/12  125.02/05

正午現在   93.21/26  1.3404/07  124.97/02

午前9時現在 92.92/94  1.3430/34  124.80/85

NY17時現在 92.81/85  1.3414/18  124.40/45

--------------------------------------------------------------------------------

 [東京 31日 ロイター] 午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点

から上昇し93円前半で推移している。期末をにらんだ輸入企業のドル買いをきっかけに

投資家など幅広い買いが活発化、一時は93.60円まで上昇して1月につけた直近高値

(93.78円)を視野に入れた。

 仲値公示でのドル不足で3月期末を意識した輸入企業の買いが強まり、ドルは午前10

時前後から上げ足を速めた。海外高値である93.02円を抜けたことで内外からのテク

ニカルな買いが強まったほか、国内投資家もドル買いで参戦。輸出企業の売りを吸収して

93.60円まで上昇した。参加者は1月8日につけた今年の高値(93.78円)を視

野に入れた。

 しかし、買いが一巡すると93円半ばのオプションバリアが意識され、また、朝方買い

上がった海外勢の一角が手仕舞いに動いたこともあり、その後は伸び悩んでやや押し戻さ

れた。

 1月高値に接近したことで、市場にはドル高トレンドへの転換を見込む声が出てきてい

る。「来年度をにらんで本邦投資家のドル買い意欲が強いとみられ、これが前倒しで出て

きている面もありそうだ。テクニカル的にも強いサインが増えており、レンジが切り上が

る可能性が出てきた」(国内金融機関)との声が上がっている。

 一方で「ドルの上昇は一時的なもので、88─92円をコアとするレンジ見通しは変え

ていない。株価に象徴されるリスク許容度との関係からみれば、日経平均1万1000円

レベルではドルは93円が限度だ。95円を目指すには日経平均が1万2000円水準に

切り上がるか、あるいは郵政対応が構造改革に逆行するととらえられるなど、新たな円売

りの材料が必要になる」(住友信託銀行マーケット・ストラテジスト、瀬良礼子氏)との

声も出ている。

 きょうのドル上昇は「フロー主導」(国内金融機関)。ドル高がトレンドになるかどう

かを見極めるには、きょうのドルを押し上げたフローのうち、期末需給を除いた「投資家

の動きが新年度以降、どの程度本格化するかがポイントになる」(国内金融機関)という。

 一方、ファンダメンタルズ面では「米雇用統計への期待が強すぎるきらいがある」(住

友信託、瀬良氏)。市場では「歴史的に見て、米国ではFF金利と10年物国債の利回り

格差は最大値でも4%」(みずほコーポレート銀行 国際為替部 マーケット・エコノミ

スト 唐鎌大輔氏)との声が聞かれ、利上げを織り込まないうちはここからの米長期金利

の上昇余地は限定的とみる声が多い。「雇用統計への期待で米国金利はすでに限界近くま

で上昇してしまった」(邦銀)とみる声が出ており、雇用統計が強い内容でも米金利の追

加的な上昇が鈍ければドル/円の押し上げ効果も限られるとの見方も出ている。

 <ギリシャ7年債への海外からの需要が低調>

 市場では、ギリシャが29日発行した50億ユーロの7年債に対する海外投資家の需要

が低調だったことが関心を集めた。トムソン・ロイター傘下のIFRによると、海外投資

家による購入比率は57%で、ギリシャが3月に発行した10年債の77%から大幅に低

下した。地域別にみると、海外投資家のうち最大は英国の15%で、オーストリア/ドイ

ツは5%。「ドイツからの需要が少ない」(邦銀)とみる声が出ている。

 ドイツ復興金融公庫(KfW)[KFW.UL]は26日の段階で、今月実施された直近のギリ

シャ国債入札で買い入れを行わなかったとし、政府の判断を待つ間は今後も新発ギリシャ

国債を購入しない方針を明らかにしている。

 一方、ドイツの世論調査機関フォルサがシュテルン誌の委託で24─25日に実施した

調査によると、ドイツ国民の3分の2以上が、ギリシャに対する欧州連合(EU)の支援

策に参加することに反対している。メルケル政権は5月9日に州議会選挙をにらんで国内

世論に神経質になっているとみる声が多い。一方で、ギリシャの国債償還のヤマ場は4月

20日のほか5月後半とみられるが「選挙を通過しても、ドイツがギリシャ支援に前向き

になることはないのではないか」(国内金融機関)との声が上がっている。

(ロイター日本語ニュース 松平陽子)

( ロイターメッセージング:yoko.matsudaira.reuters.com@reuters.net 

E-mail:yoko.matsudaira@thomsonreuters.com; 03-6441-1795)

 全スポットレート(ロイターデータ)FX=

 アジアスポットレート(同)AFX=

 欧州スポットレート(同)EFX=

 クロス円レート(同)JPYX=

 クロス円の時系列レート(同)JPNUJPNXJPOAJPOD

 通貨オプションFXVOL

 スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)D4FX=

 スポットレート(RTFX)FX=RTFX

 スポットレート(日銀公表)TKYFX

 為替関連ニュース [FRX]

 外為市場リポート[JPY/J]

 外為マーケットアイ[JPY/JU]

 焦点・アングル・特集 [FRX-FES]

 クロスマーケットアイ[.JPCM]

 主要国の経済指標発表予定と予想一覧<0#JECON>

 主要国の政策金利一覧・中銀ニュース[BOX-CEN]

 きょうの予定[MI/DIARY][JPY/DIARY]

 速報ニュース[AA][AA-RS]

 財政・金融政策の当局者発言ニュース[RSS-PLCY]

 規制・監督関連ニュース[RSS-REGS]

 ファンド関連ニュース[RSS-FUND]

 欧州市場サマリー[NNJ/EU]

 NY市場サマリー[NNJ/NY]

 世界の主要株価指数COMPO

 外国為替・マネー総合メニュー<JPN/MONEY>

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up