for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京外為市場・正午=ドル90円付近で狭いレンジ内推移、90円ちょうどのオプションも話題に

       ドル/円JPY=   ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

正午現在   89.97/98  1.3594/99  122.28/40

午前9時現在 90.00/04  1.3606/07  122.41/49

NY17時現在 89.96/00  1.3600/03  122.33/42

--------------------------------------------------------------------------------

 [東京 10日 ロイター] 正午のドル/円は、ニューヨーク市場の午後5時時点と

ほぼ変らずの90円付近。期末を控え海外利益の本国送金(リパトリ)にからむ円需要や

90円前半での輸出の円買いニーズが意識される一方で、89円後半では押し目買いも期

待され、結果的にドルは狭いレンジ内での値動きに終始した。

 正午までの取引では、ドルの下値が89.85円、上値が90.09円と極めて狭い値

幅となった。通貨オプション市場では、90円ちょうどで12日のニューヨーク時間に期

日を迎えるオプションの存在が話題に上っており、「90円を挟んだガンマ・トレードの

存在で、(ドルが)両サイドに走りにくくなっている」(同)とされる。

 クロス円は英ポンドGBPJPY=Rを中心に弱含みとなった。英ポンドは3月1日に132

円付近まで下落し約1年ぶりの安値をつけたが、その1週間後には137円前半まで反発、

現在は再び下落傾向にもどり、朝方の取引では134.60円付近の安値をつけた。ユ

ーロ/円も高値122.61円付近から122.22円まで下落した。

 市場では英国の財政赤字に対する懸念が広がり、英国が財政健全化に着手し、現在の格

付けを維持できるかに関心が集まっている。格付け会社フィッチ・レーティングスの欧州

・中東・アフリカ部門責任者、ブライアン・クールトン氏は9日、英国について、信用状

況は悪化しているが、依然として「AAA」格付けの許容範囲内との見方を示した。見通

しは「安定的」。 ただ「英当局が示す財政健全化への道筋には満足していない」とし、

英国は一段と強力な財政措置が必要との認識を示し、財政政策でタイムリーな措置がなけ

れば懸念要因になるとした。

 オプション取引に伴う値幅の狭さくに加え、来週に控える数々のイベントがドル/円の

こう着相場の背景との見方もある。「来週にギリシャ問題を協議するEU財務相会合、F

OMC(米連邦公開市場委員会)、日銀金融政策決定会合などイベントを控えて、投機筋

がポジションを傾けにくい状態になっている」とみずほコーポレート銀行・国際為替部マ

ーケットエコノミストの唐鎌大輔氏は言う。フロー面では「FOMCは何も出ず、ドル買

いになりにくいうえ、日本が貿易黒字を蓄積する中で、3月は本邦企業が海外利益をリパ

トリさせる余地がまだ残っている」と同氏は指摘し、3月中は円高トレンドが続くと予想

した。

 <中国の貿易収支>

 市場が手がかり材料難となるなか、きょう発表予定の中国の貿易収支も話題となった。

貿易黒字が予想を上回る伸びを示した場合は、豪ドルが買い進まれる可能性があるという。

 ロイターが実施した指標予測では、中国2月の貿易黒字の予想中央値は80億ドルで、

1月実績の142億ドルから縮小する見込み。中国の輸出は、前年同月が低調だったこと

と、世界的景気回復に伴う需要拡大により、前年同月比で38.7%と大幅な伸びが見込

まれている。輸入も前年同月比で39.7%と大幅な伸びが見込まれるが、1月の伸び率

85.5%からは鈍化する見通し。

 <ギリシャ問題>

 前日の欧州時間には、ポルトガル政府が発表した緊急財政措置に対し、フィッチ・レー

ティングスが、格付けの見通しをネガティブから変更する計画はないとしたこと等をきっ

かけに、ユーロや英ポンド売りが一時加速し、これに伴って対欧州通貨で円が買われた。

 前出の唐鎌氏は「ギリシャに関しては、立派な財政再建計画が出ても、国内情勢に鑑み

て、それらを実際に実行できるのかが焦点だ。独仏は現時点では金融支援に後ろ向きだが、

4月下旬、5月下旬にギリシャ国債の大型償還に近づくにつれ、姿勢を転換してくる可

能性がある」と指摘した。

 9日公表されたギリシャの世論調査によると、同国政府が先週発表した追加財政再建策

には反対するが、財政危機に対応するため、痛みを伴う措置は避けられないとの回答が過

半数を占めた。ギリシャ政府が先週発表した48億ユーロ(66億ドル)規模の追加財政

再建策については「支持しない」が60%、「支持する」が39%だった。 ただ、全体

の52.5%は、財政危機に対応するため、痛みを伴う措置は避けられないと回答。

44.8%はそうは思わないと答えた。

 (ロイター 森佳子記者)

(yoshiko.mori@thomsonreuters.com;03-6441-1877;

ロイターメッセージング:yoshiko.mori.reuters.com@reuters.net)

 全スポットレート(ロイターデータ)FX=

 アジアスポットレート(同)AFX=

 欧州スポットレート(同)EFX=

 クロス円レート(同)JPYX=

 クロス円の時系列レート(同)JPNUJPNXJPOAJPOD

 通貨オプションFXVOL

 スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)D4FX=

 スポットレート(RTFX)FX=RTFX

 スポットレート(日銀公表)TKYFX

 為替関連ニュース [FRX]

 外為市場リポート[JPY/J]

 外為マーケットアイ[JPY/JU]

 焦点・アングル・特集 [FRX-FES]

 クロスマーケットアイ[.JPCM]

 主要国の経済指標発表予定と予想一覧<0#JECON>

 主要国の政策金利一覧・中銀関連[BOX-CEN]

 きょうの予定[MI/DIARY][JPY/DIARY]

 速報ニュース[AA][AA-RS]

 財政・金融政策の当局者発言ニュース[RSS-PLCY]

 規制・監督関連ニュース[RSS-REGS]

 ファンド関連ニュース[RSS-FUND]

 欧州市場サマリー[NNJ/EU]

 NY市場サマリー[NNJ/NY]

 世界の主要株価指数COMPO

 外国為替・マネー総合メニュー<JPN/MONEY>

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up