for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京外為市場・15時=ドル93円前半、カナダドルが1年10カ月ぶり高値

       ドル/円JPY=   ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 93.20/26  1.3432/35  125.19/25

正午現在   93.15/17  1.3416/19  124.98/01

午前9時現在 93.10/14  1.3420/24  124.97/02

NY17時現在 93.26/27  1.3438/39  125.19/24

--------------------------------------------------------------------------------

 [東京 21日 ロイター] 午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場の午後5時時

点とほぼ変わらずの93円前半。世界的な株価の下げ止まりを背景に円が売られた海外の

流れは一服となり、東京市場は一進一退が続いた。

 前日にカナダ銀行(中央銀行)が声明で早期利上げを示唆したことを受けて、カナダド

ルが対米ドルCAD=D4で1年10カ月ぶり高値をつけた。

 東京市場の主要通貨は全般値動きが一服。狭いレンジ内のもみあいとなった。海外市場

では株高などを手掛かりに円が売られる場面もあったが、東京ではそうした動きも一巡。

国内の一部大手投資家がユーロ建て債の債券償還に絡む円売りに動いたとの観測が広がっ

たことで、ユーロ/円が124円半ばへ反落する場面もあったが、午後に入って125円

前半を回復するなど目立った値動きはなかった。

 <カナダは6月にG7初の利上げか>

 アジア時間終盤の取引では、高値圏で推移していたカナダドルが上昇。ドル/カナダド

CAD=D4はロイターデータで一時0.9942カナダドルまで下落し、2008年6月

以来1年10カ月ぶり安値をつけた。

 市場では、カナダドルの上昇を見込む声が急速に増えている。以前から、足元景気の堅

調ぶりや資源高などを手掛かりにカナダドル買いに前向きな姿勢を示す声はあったものの、

前日にカナダ中銀が声明で早期利上げを示唆したことを受けて、利上げ予想を次回会合の

6月に前倒す動きが相次いでいる。ロイターが前週に集計した市場予想では、7月の利上

げを見込む声が最多だった。

 海外市場では、中銀声明を受けてカナダドルが急伸、今月15日につけた1年10カ月

ぶり米ドル安/カナダドル高水準に迫った。ギリシャ問題がくすぶるユーロに対してもカ

ナダドルEURCAD=Rは堅調で、1ユーロ=1.33カナダドル前半と2年半ぶりカナダド

ル高水準に接近している。

 カナダドル/円CADJPY=Rは93円半ば。今月5日につけた1年半ぶり高値から小幅に

調整した水準。

 カナダ中銀は20日、政策金利である翌日物金利を予想通り過去最低水準の0.25%

に据え置く一方、声明で「このところの経済見通しの改善を受け、こうした異例の措置の

必要性はなくなりつつある。金融面での刺激の緩和を開始することが適切」との見解を示

した。前日の加金利先物市場は6月利上げの確率を86%織り込む水準をつけた。

 ただ、中銀は同時に声明で「強いカナダドル、低い相対的生産性、米国の需要低迷が引

き続きカナダ経済を強く圧迫する」として、6月利上げを過度に確実視する見方をけん制

している。カナダ中銀の次回会合は6月1日の予定。7月は20日に開催される。

 <英ポンドの反発見込み、総選挙控えたポジション巻き戻しの面も>

 英ポンド/ドルGBP=D4は1.53ドル後半。19日につけた1週間ぶり安値からじり

じりと切り返しが目立ってきた。

 前日海外の取引では、3月英消費者物価指数(CPI)が事前予想を上回る3.4%上

昇と、1月に続く高い伸びになったことが買いの手掛かりとなった。今週は、きょう夕方

の4月英金融政策委員会議事録や3月英失業率など、英で注目度の高い発表が相次ぐ予定

で、市場では「結果によっては英ポンドが一段の上昇となる可能性が出てきた」(外銀)

との声が上がっている。

 英ポンドをめぐっては、5月の総選挙でどの政党も過半数に満たない「ハング・パーラ

メント」となれば、政治的な不透明感から財政赤字削減や景気回復が遅れる可能性がある

として、いずれの政党も過半数を確保できないとの世論調査結果が発表されるたび、外為

市場では英ポンド売り手掛かりとして話題となっていた。しかし、マニフェストや党首討

論などを通じて、足元では「ハング・パーラメントでも財政赤字を積極削減する路線は変

わらないようだ」(別の外銀)との声も上がり始めている。

 ただ、これまで英ポンドは巨額の財政赤字や伸び悩む経済指標などを背景に大きく売り

込まれ、現在も投機筋のポジションは売り持ちのままとされる。総選挙が迫る中で買い戻

しが強まりやすい状態にあることも「ポンド買いの一面を支えている」(さらに別の外銀)

という。

 (ロイター 基太村真司記者)

(shinji.kitamura@reuters.com;03―6441―1791;ロイターメッセージ

ング:shinji.kitamura.reuters.com@reuters.net)

 全スポットレート(ロイターデータ)FX=

 アジアスポットレート(同)AFX=

 欧州スポットレート(同)EFX=

 クロス円レート(同)JPYX=

 クロス円の時系列レート(同)JPNUJPNXJPOAJPOD

 通貨オプションFXVOL

 スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)D4FX=

 スポットレート(RTFX)FX=RTFX

 スポットレート(日銀公表)TKYFX

 為替関連ニュース [FRX]

 外為市場リポート[JPY/J]

 外為マーケットアイ[JPY/JU]

 焦点・アングル・特集 [FRX-FES]

 クロスマーケットアイ[.JPCM]

 主要国の経済指標発表予定と予想一覧<0#JECON>

 主要国の政策金利一覧・中銀ニュース[BOX-CEN]

 きょうの予定[MI/DIARY][JPY/DIARY]

 速報ニュース[AA][AA-RS]

 財政・金融政策の当局者発言ニュース[RSS-PLCY]

 規制・監督関連ニュース[RSS-REGS]

 ファンド関連ニュース[RSS-FUND]

 欧州市場サマリー[NNJ/EU]

 NY市場サマリー[NNJ/NY]

 世界の主要株価指数COMPO

 外国為替・マネー総合メニュー<JPN/MONEY>

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up