for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔外為マーケットアイ〕ユーロ1.38ドル前半、独国債価格は3週間ぶり高値圏

[東京 24日 ロイター] -

〔外為マーケットアイ〕

<15:32> ユーロ1.38ドル前半、独国債価格は3週間ぶり高値圏

ユーロ/ドルは1.3822ドル付近で、2011年11月初旬以来の高値圏での取引となっている。このところのユーロの強さは、世界の機関投資家のユーロ債に対する需要が1つの後ろ盾になっているという。

前日のユーロ圏債券市場では、米連邦準備理事会(FRB)の緩和縮小が遅れるとの思惑を追い風に、独連邦債先物 が3週間ぶり高値の140.91を付けたが、現在も140.86付近と高値圏にある。独10年債 利回りは10月初め以来の低水準となる1.769%付近。

欧州債券市場の関心は11月8日発表の10月の米雇用統計に向けられている。米議会の対立がどの程度経済に打撃を与えているかが一段と明確になる見込みだが、それまで市場の関心は欧州にシフトする可能性があるとみられている。

きょうの欧州時間にはユーロ圏購買担当者景気指数(PMI)統計の発表が予定されている。

<14:41> ドル97円半ば、明治安田生命「13年度下期の想定レートはドル94―105円」

 ドルは97.51円付近でこの日の高値圏。日経平均が前日比プラス圏まで回復したことで、小幅なドル買い/円売りが進んでいる。    明治安田生命は24日、2013年度下半期運用計画で、一般勘定資産を年間1兆円強増やす方針を据え置いた。上半期は若干のプラスにとどまったことから、下半期に大きく積み増す。積み増しは円建て公社債が中心となるが、会見した山下敏彦常務執行役は、現在の金利水準では慎重にならざるを得ない、との認識を示した。

また、2013年度下期の想定為替レートは、ドルが94―105円、ユーロが125―142円との予想を明らかにした。

<14:17> ドル97.40円付近、米10年国債利回りは2.49%付近

ドルは97.40円付近で小動き。株価の下げ幅縮小を受けてドル/円も下げ止まっている。

米10年国債利回り は2.4926/2.4908%の気配で、ニューヨーク市場終盤の2.485%からわずかに上昇している。前日一時2.4710%付近まで低下し、7月22日以来の低水準となった。

ロイターが22日、プライマリーディーラー(政府証券公認ディーラー)を対象に行った調査によると、米連邦準備理事会(FRB)による量的緩和の縮小開始は来年3月以降になるとの回答が大半を占めた。

政府機関の一部閉鎖や連邦債務上限の引き上げをめぐる与野党間の対立で、縮小時期に顕著な影響が出たとの回答が目立った。    

<13:46> ドル97円前半で下げ止まりか、株価動向を注視

ドルは97.34円付近。株安を受けて一時97.17円付近まで下落したが、現在は下げ止まっている。

前日日中の円相場の動きは、日経平均 や日経平均先物 に追随するものだった。日経平均の取引終了後も先物の下落が続いたため、円相場の上昇が続いた、とJPモルガン・チェース銀のチーフFXストラテジスト棚瀬順哉氏は指摘する。株価は前日夕方に1万4300円を下回る水準まで下落したあとは概ね横ばいで推移し、これを受けて海外時間の円相場は方向感に乏しい展開となった。

きょうの午後の取引でも、株価が下げ幅を拡大すれば、ドルが97円を割り込むリスクが高まるとみられている。

<11:54> ドル97.34円付近、中国の短期金利上昇で再び圧迫

ドル/円は97.34円付近。前月を上回るHSBC中国製造業PMI速報値を好感して上昇に転じたが、中国短期金融市場の7日物レポ金利 が5%で始まる(前営業日最終は4.05%)と再び圧迫された。

「ドルに対するセンチメントが悪いので、フレッシュな売りが出ているとみられる」(大手信託銀行)といい、ドル/円は97円半ばを上抜けられずにいる。同関係者は日経平均株価 をプラス圏に浮上させるような材料が出れば、ショートカバーでドル/円も水準を回復するとみている。

日経平均は60円安で前場の取引を終了した。

<11:07> ドル/円上昇、中国景気への過度の警戒感後退で円全面安

ドル/円が上昇、97.38円付近。豪ドル/円 、ユーロ/円も上昇している。HSBCが発表した10月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI、季節調整済み)速報値が50.9と、9月の50.2から上昇したことで、前日の中国短期金利上昇で再浮上していた中国景気への過度の警戒感が後退。円買いポジションが巻き戻されている。

10月の中国製造業PMI速報値では、新規受注が7カ月ぶりの高水準となった。

<10:51> 豪ドル上昇、前月を上回る中国PMIを好感

豪ドルが上昇。対円 で93.85円付近。HSBCの10月中国製造業PMI速報値が50.9となり、前月の50.2から上昇したことが好感されている。

ドル/円は97.34円付近。同指標の発表前、前日つけた安値97.15円割れをうかがう展開になっていたが、上昇に転じている。

<10:26> ドル97.25円付近、仲値通過で実需の買い途切れる

ドル/円は97.25円付近。仲値にかけて小規模ながら実需の買いが見られたものの、仲値を過ぎると買いが一巡。株安が重しとなり、ドル/円は下押された。総じてきょうは目立ったフローは見られないという。

邦銀の関係者は、アジアの主要株価指数が下落すればドル/円に下げ圧力がかかるものの、「昨日、投げるところは投げたと思う。96円台では相応のビッドがあるのではないか」と話し、深押しは考えにくいとする。

<09:50> ドル97.45円付近、海外勢の買い流入 上値は重い

ドル/円は97.45円付近。朝方、主に海外勢の買いが流入して上昇したが、97円半ばでは売り意欲が強いとされ、ドル/円の上値は重い。

中国人民銀行(中央銀行)が近く流動性引き締めに動く可能性があると政府系メディアが伝えたことで、前日には中国の短期金利が急上昇、リスクオフの一因となった。市場関係者は中国市場の動向を注視している。

大手信託銀の関係者は「中国では全中があって、引き締めになるとはみていないが、アジア株の動向を見ながらということになってしまうだろう」と話し、株価次第ではドル/円が下押す可能性があるとみている。

中国では11月に長期的な改革に関する政策課題を話し合う共産党中央委員会の第3回全体会議(三全中)が開催される。

<09:03> ドル97.40円付近、国内勢の外債買い越しでわずかに円売り

ドル/円は97.40円付近。週次の対内対外証券投資で国内勢が外債を2週連続で買い越していたことが判明するとわずかに円が売られたが、日経平均株価の下落スタートでドル/円は伸び悩んでいる。

財務省が24日に発表した10月13日―10月19日の対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベース)によると、対外債券(中長期債)投資は1兆4127億円の資本流出超となった。国内勢の外債買い越しは2週連続。

<08:51> 豪ドル93円後半、中国懸念再浮上で調整圧力

豪ドル/円 は93.81/87円の気配。前日は中国の短期金利が上昇して中国経済をめぐる懸念が再浮上、株高と中国景気の先行き懸念後退から買いを集めていた豪ドル/円は大きく調整した。豪ドル/円は22日には95.67円まで上昇し、6月5日以来の高値をつけていた。きょうはHSBCの中国10月製造業PMI速報値が発表される。アジアの主要株価指数の値動きとともに注目されている。

豪ドルにはコモディティ安も重しとなった。23日のNY市場で、原油先物相場は米原油在庫の大幅増加が圧迫材料となり、3日続落した。この日から新たに中心限月となった米国産標準油種WTIの12月物は米エネルギー情報局(EIA)在庫統計発表後、電子取引で一時96.16ドルと、7月1日(96.07ドル)以来3カ月半ぶりの安値をつけた。

<07:58> きょうの予想レンジはドル96.90―97.90円、中国指標と株価を注視

ドル/円は97.37円付近、ユーロ/ドルは1.3775ドル付近、ユーロ/円は134.16円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が96.90―97.90円、ユーロ/ドルが1.3720─1.3820ドル、ユーロ/円が133.50―134.80円。

前日の東京市場ではリスクオフが強まり、円高となった。海外市場では円高の流れが一服したが、きょうの東京時間にアジアの主要株価指数が下落すればドル/円は97円を割り込むとみられている。HSBCの中国10月製造業PMI速報値や、同指標への上海総合株価指数 、日経平均株価 の反応が注目されている。

ただ、「(ドル/円の)96円台では実需の買いや長期スタンスの投資家の買いが見込まれる」(国内金融機関)とされ、新規のリスクオフ材料が浮上しない限り、深い調整は見込みにくいという。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

クロス円レート(同)

クロス円の時系列レート(同)

通貨オプション スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(RTFX)

スポットレート(日銀公表)

為替関連ニュース

外為市場リポート[JPY/J]

外為マーケットアイ[JPY/JU]

焦点・アングル・特集 

クロスマーケットアイ[.JPCM]

主要国の経済指標発表予定と予想一覧

主要国の政策金利一覧・中銀ニュース[BOX-CEN]

きょうの予定[MI/DIARY][JPY/DIARY]

速報ニュース[AA][AA-RS]

財政・金融政策の当局者発言ニュース

規制・監督関連ニュース

ファンド関連ニュース

欧州市場サマリー

NY市場サマリー

世界の主要株価指数

外国為替・マネー総合メニュー

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up