for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国・香港向けの支払い、アジアでは人民元の利用が最多

[香港 27日 ロイター] - 国際銀行間通信協会(SWIFT)によると、アジア太平洋地域で、中国・香港向けの支払いに人民元が最もよく利用されていることがわかった。

アジア太平洋地域で行われた中国・香港向けの支払いのうち、平均31%は人民元による支払いだった。2012年4月時点は7%。3年間で327%急増し、円、香港ドル、米ドル、豪ドルによる支払いを上回った。

大半のアジア諸国が「人民元の利用が少ない(10%未満)」から「人民元の利用が中程度(10━50%)」に移行。「人民元の利用が少ない」国は26カ国中9カ国と、2012年の19カ国から減少した。

人民元の利用が多い6カ国・地域にはフィリピン、シンガポール、韓国、台湾が含まれている。

人民元が世界の決済に占める割合は2.07%で、全体の順位は5位で変わらずだった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up