for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

岡田民主幹事長発言こうみる:輸出主導是正は円高甘受、実勢逸脱の円高には警戒スタンスか=三菱東京UFJ銀 高島氏

 <三菱東京UFJ銀行 金融市場部チーフアナリスト 高島修氏>

 輸出主導型から経済構造を変えるとの岡田幹事長発言を為替市場から見ると、ある程度の円高を甘受するとのスタンスを示していると読める。結果として内需主導の経済に踏み込むなら物価を抑制したほうがいいので、若干円高のほうが居心地がいいという判断もあるのだろう。為替相場は日本の政治だけで動くものではないし、長い目で見て日本が内需中心の経済にかじをきることによって発生する円安圧力は目立ちにくい。ただ、為替市場にドル安円高圧力が加わりやすい環境下、それを阻害する政権ではないということにはなる。

 為替介入はその可能性を完全に否定したわけでなく、ファンダメンタルズから逸脱する動きなら少しは必要との主旨だ。財務相に誰が就任するかによって、ある程度は左右されるだろうが、円の実質実効レートは現在、これ以上円高が進むとデフレ圧力を高めかねない水準にある。デフレ圧力の高まりはスパイラル的な円高につながるので、海外の金利水準が低い中、デフレスパイラルに陥ったときに円高圧力を止めるのは難しくなる。次期選挙で政権を担う可能性がある党の幹事長が、積極的に円安を誘導するわけではないが、ファンダメンタルズから逸脱した円高はモデレートにしたいという考えを持っていることは重要だ。

 (東京 10日 ロイター)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up