for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔外為マーケットアイ〕ドル87.80円付近でこう着、上値には戻り売り

〔外為マーケットアイ〕

 <14:31> ドル87.80円付近でこう着、上値には戻り売り

 ドルは87.80円付近で値動きがこう着。午後の値幅は19銭とほとんど目立った動きがない。ドルが14年ぶり安値となる84.82円をつけて以降、市場では85―88円付近のレンジ相場を見込む声が増えてきただけに、その上限となる87円後半では上値が重くなるという。88円台には輸出企業や短期筋などの売りが控えている。

 <12:43> GSの2010年推奨取引、英ポンド買いや円売りなど

 ゴールドマン・サックス証券は2日、2010年年間で推奨する取引「トップトレード」をまとめた。通貨では、英ポンド/NZドルGBPNZD=Rやポーランドズロチ/円PLNJPY=Rの買い、中国人民元や豪ドルなどのバスケット買い/トルコリラやハンガリーフォリントなどのバスケット売りなどを挙げた。英ポンドは金融緩和状況からの反動で強い景気循環モメンタムが見込める一方、NZは利上げがコンセンサスより緩やかになるとの見方。ポーランドは前期比年率で4%を超える成長が期待できるが、日本は成長のダウンサイドリスクの高まっており円は著しく割高だとしている。

 目標値は英ポンド/NZドルが2.60NZドル、ポーランドズロチ/円が37.5円。現在は英ポンドが2.2NZドル後半、ポーランドズロチが32円前半。

 ドルは現在87.84円付近、ユーロが132.56円付近。午前終盤から値動きは一服となっている。

 <11:09> ドル87.89円まで上昇、オプションにらみの動きも

 ドル/円はジリ高。87.89円まで上値を伸ばした。ユーロ/円が132.54円まで上昇するなど、リスク選好に乗ったクロス円の上昇がドル/円を支援しているという。

 一方で、輸出企業の売りに加え「オプションを意識した売りが出ている。88円付近はチャート・ポイントになるため、ここを背にして売っている短期筋の動きもある。ただ、88円を超えると、オプションがらみの動きは買いに変わる。テクニカル的にも買いサインとなるため、買いが加速しそうだ」(ソシエテジェネラル銀行外国為替本部長、斎藤裕司氏)との声が上がっている。

 <10:36> ドル87.70円付近で高値もみあい、レンジ内で上値探る

 ドル/円は87.70円付近で高値もみあい。一時87.79円まで上昇した。米10年債利回りUS10YT=RR は3.32%付近の気配と金利強含みで推移しており、ドル/円は下げにくくなっているという。

 ただ、上値期待は強くない。「輸出企業が売り意向にあり、88円手前からは重くなる。上値は88円前後まで」(邦銀)との声が多い。「今のドル/円の買いは、ドル・ショートの買い戻しと介入警戒を材料にした短期筋のロングメーク。89円を抜けなければダウントレンド継続だ」(バークレイズ銀行チーフFXストラテジスト、山本雅文氏)という。

 リスク選好地合いのなかで、ユーロ/ドルも堅調な動きになっているが、こちらも上値を抜くというより、レンジ内での上値トライとみる声が多い。「ドバイ問題の不透明感は払しょくされておらず、一方でドバイ問題は金利を上げにくくするため低金利長期化の観測にもつながりやすい。年末が近づきポジションを膨らませにくいなかではレンジ推移にとどまりそうだ」(バークレイズ銀行、山本氏)という。

 <09:51> ドル87.74円まで上昇、リスク選好と輸出企業の売りがせめぎあい

 ドル/円はもみあいながら87.74円付近まで上昇。米リッチモンド地区連銀のラッカー総裁の発言などをきっかけに米金利に上昇圧力がかかっているほか、米バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)BAC.Nが、450億ドルの公的資金について、数日中に全額返済することで政府と合意したことがリスク選好につながっているという。

 市場では「テクニカルにみればドル/円は88円付近前後まで上昇してもおかしくない。これに対して、輸出企業がドル売りに意欲を持っており、東京時間はこのせめぎあいになりそうだ」(国内銀行)との声が上がっている。

 米リッチモンド地区連銀のラッカー総裁は2日、連邦準備理事会(FRB)はインフレ潜伏リスクの警戒を怠ってはならず、金融危機対策として買い入れたモーゲージ担保証券(MBS)の一部を売却することにより刺激策を解除し始めることが可能、との見解を示した。

 <09:33> 豪ドル0.9285ドル付近で上げ一服、10月豪小売売上高は事前予想通り

 豪ドル/米ドルは0.9285ドル付近で上げ一服。0.9294ドルまで上昇したあと、10月の豪小売売上高の発表を受けて上値が重くなった。10月の豪小売売上高は、事前予想(前月比0.3%増)と同じ同0.3%で、市場は織り込み済みで、一段の押し上げには力不足だったという。

 <09:15> ドル87円後半で上値試し、クロス円が押し上げ

 午前9時のドル/円は、ニューヨーク市場の午後5時時点から上昇し、87円後半で上値を試す展開になっている。金先物CLc1が過去最高値を更新し、米国株先物や日経平均.N225が堅調なことからリスク選好ムードが強まっており、ドルと円が幅広く売られている。午前9時すぎまでにユーロ/円は132.28円まで上昇するなどクロス円が堅調で、ドル/円を87.73円まで押し上げた。

 「クロス円の上昇がドル/円を底上げしている。88円くらいまでの上昇はありそうだ。一方で、ユーロ/ドルの1.51ドル台、豪ドル/米ドルの0.93ドル台が重くなってきており、今のリスク選好でこれを抜けるかどうかだ」(国内銀行)との声が上がっている。

 午前9時半には10月の豪小売売上高が発表される予定で、リスク選好地合いの強さをはかる手掛かりになるとみられている。「豪ドルの上昇に勢いがつくかが注目だ」(国内銀行)という。

 ロイター予測によると、10月の豪小売売上高は前月比0.3%の増加となる見通し。9月は同0.2%減少だった。

 <08:35> ドル87.68円まで上昇、リスク選好でクロス円が堅調

 ドル/円は87.68円まで上昇。11月25日以来の水準をつけた。金価格の上昇やグローベックス市場での米国株先物の堅調で地合いがリスク選好に傾いており、ドルと円が幅広く売られてユーロ/円は132.05円まで上昇。アジア時間の安値(131.57円)からは50ポイント近く上がっている。クロス円に押し上げられる形で、ドル/円にも上昇圧力がかかってきた。

 <08:18> 豪ドル0.9270ドル付近で堅調、金現物XAU=が最高値更新

 豪ドル/米ドルは0.9270ドル付近で堅調。金現物XAU=が1オンス=1217ドルを上回り、最高値を更新、ニューヨーク金先物GCG0も1220ドルを抜けて最高値をつけた。海外市場で下落した原油先物CLc1も下げ渋る動きになっており、一服していたリスク選好ムードが再開しつつあるという。ユーロ/ドルも1.5065ドル付近まで上昇している。

 <07:55> きょうの予想レンジはドル86.90―87.90円、底堅い

 きょうのドル/円JPY=の予想レンジは86.90―87.90円付近。ユーロ/ドルは1.4990─1.5090ドル。2日の鳩山首相と白川日銀総裁の会談では、日銀の「広い意味での量的緩和」(白川総裁)を歓迎し追加の金融緩和要請はしなかったが、一方でこのところ首相は円高けん制発言を繰り返しており「首相の強い姿勢をみれば、追加緩和や介入への警戒感は残る。ドル/円の下支えになりそうだ」(国内金融機関)という声が多い。きょうもドルは87円割れでは底堅くなるとみられている。ただ、「円買いポジションの解消が進んでいることから、ドルの買い戻しによる上昇には限度がある」(国内金融機関)という。きょうは、引き続き主要閣僚の発言が感心を集めるとみられるほか、3日付日経新聞が報じた仏プジョー・シトロエン(PSA)PEUP.PAによる三菱自動車工業7211.Tに対する2000億─3000億円の出資の影響も注目されそうだ。午前9時半には10月豪小売売上高が発表される予定。

 (東京 3日 ロイター)

 全スポットレート(ロイターデータ)FX=

 アジアスポットレート(同)AFX=

 欧州スポットレート(同)EFX=

 クロス円レート(同)JPYX=

 クロス円の時系列レート(同)JPNUJPNXJPOAJPOD

 通貨オプションFXVOL

 スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)D4FX=

 スポットレート(RTFX)FX=RTFX

 スポットレート(日銀公表)TKYFX

 為替関連ニュース [FRX]

 外為市場リポート[JPY/J]

 外為マーケットアイ[JPY/JU]

 焦点・アングル・特集 [FRX-FES]

 クロスマーケットアイ[.JPCM]

 主要国の経済指標発表予定と予想一覧<0#JECON>

 主要国の政策金利一覧・中銀ニュース[BOX-CEN]

 きょうの予定[MI/DIARY][JPY/DIARY]

 速報ニュース[AA][AA-RS]

 財政・金融政策の当局者発言ニュース[RSS-PLCY]

 規制・監督関連ニュース[RSS-REGS]

 ファンド関連ニュース[RSS-FUND]

 欧州市場サマリー[NNJ/EU]

 NY市場サマリー[NNJ/NY]

 世界の主要株価指数COMPO

 外国為替・マネー総合メニュー<JPN/MONEY>

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up