for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京マーケット・サマリー・最終(25日)

レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<外為市場>

       ドル/円JPY=   ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後5時現在 89.25/30  1.3480/86  120.35/37

NY17時現在 90.14/17  1.3535/40  122.02/13

 午後5時のドル/円は、ニューヨーク午後5時時点に比べドル安の89円前半。クロ

ス円が全般的に急落し、ユーロ/円が1年ぶりの低水準まで落ち込む中、ドル/円も連れ

安となった。クロス円は輸出業者の売り、個人投資家の投げ売り、短期筋の便乗売りなど

一時売り一色となり、下げ足を速めた。

  レポート全文: [JPY/J]

--------------------------------------------------------------------------------

<株式市場>

日経平均   10101.96円(96.87円安)

       10087.21―10267.43円 出来高 18億0942万株

 東京株式市場で日経平均は3日続落。ギリシャが国債格下げの可能性を指摘されたほか

ゼネストが起きるなど、欧州をめぐる不安感が強くなったことでリスクマネーが巻き戻さ

れるとの見方が強まった。バーナンキFRB議長の下院証言で早期の米金利引き上げ観測

が後退しドル安/円高が進んだことも輸出株の頭を押さえた。実需筋は買い越しとの声も

あったが、短期筋が売りを継続した。トヨタ自動車7203.Tは公聴会を通過し序盤は買い

戻しもみられたが、先行き不透明感から買いは続かずマイナスで引けた。

 東証1部騰落数は値上がり816銘柄に対して値下がり729銘柄、変わらずが134

銘柄だった。東証1部の売買代金は1兆2703億円だった。

  レポート全文: [.TJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<短期金融市場> 17時05分現在

 無担保コール翌日物金利(加重平均レート)  0.102%

 3カ月物国庫短期証券流通利回り          ――

 ユーロ円3カ月金先(2010年9月限)   99.620(+0.005)

              安値─高値    99.620─99.625

 現金担保付債券貸借取引で末初物金利が下げ渋った。3カ月物の国庫短期証券で証券会

社など業者の荷もたれ感が解消せず、資金調達に迫られているため。日銀が実施した月末

をまたぐ共通担保資金供給オペ(全店、1兆2000億円、2月26日─3月11日)で

は、平均落札レートが0.115%に上昇した。一方、無担保コール市場では翌日物金利

が底堅く推移。ユーロ円3カ月金利先物は、おおむね横ばい圏だった。

  レポート全文: [JP/MJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<円債市場>

 10年国債先物中心限月・3月限(東証)139.93(+0.30)

                    139.65─139.96

 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 1.295%(─0.025)

                 安値─高値  1.315─1.295%

 円債市場は大幅続伸した。月末が迫り年金基金によるエクステンション需要が見込まれ

る中、銀行勢からとみられる先回り的な買いが観測された。国債需給の引き締まりに伴い

先物相場が押し上げられ、中心限月3月限は一時、2009年12月24日以来、約2カ

月ぶりの水準に浮上した。チーペスト銘柄をめぐる思惑も出始めた。財務省が正午締め切

りで実施した2年物国債入札は無難に終えた。ムーディーズによる日本国債に関する見解

が伝わったが、手掛かり材料視されなかった。

  レポート全文: [JP/BJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<クレジット市場>

政保債(地方公)10年 3.0─3.5bp 銀行債(みずほ)5年 24─25bp

地方債(都債) 10年 6.5─7.0bp 電力債(東電)10年 13─14bp

 一般債市場では、プロミス8574.T<0#8574=JFI>の国内普通社債(SB)に売り・買い

の気配が観測された。水準は第41回債(償還2013年10月)でLIBOR(ロンド

ン銀行間貸出金利)プラス670ベーシスポイント(bp)オファー─750bpビッド

第40回債(償還2011年4月)で95円ビッド。貸出総量規制など改正貸金業法の施

行による収益へのダメージを懸念する売りと、スプレッドの厚みを評価した買いが交錯し

た。

 クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場でソフトバンク9984.T

<0#9984=JFI>の2011年6月償還が120bp、2年が180bpと、タイトな水準で

取引が成立した。ソフトバンクSBのスプレッドのタイト化に連動したとの見方があっ

た。

 レポート全文: [.JPCR]

--------------------------------------------------------------------------------

<スワップ市場>

スワップ金利(17時30分現在の気配)

   2年物 0.52%─0.42%

   3年物 0.58%─0.48%

   4年物 0.65%─0.55%

   5年物 0.75%─0.65%

   7年物 1.02%─0.92%

  10年物 1.44%─1.34%

 スワップ金利は低下した。市場参加者によると、金利変動幅は2年ゾーン0.5ベーシ

スポイント、3年ゾーン0.75bp、5年ゾーン1.00bp、7年ゾーン1.25b

p、10年ゾーン1.125bp、12年ゾーン1.00bp、15年ゾーン0.875

bp、20年ゾーン0.75bp、30年ゾーン0.5bpそれぞれ低下した。「顧客注

文と業者のフローが交錯し、値幅は限られた」(邦銀)との声が聞かれた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                          [東京 25日 ロイター]

各マーケット・レポートの全文は、それぞれのサマリーコメントの末尾にある

[]内をダブルクリックしてご覧下さい。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up