for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

韓国中銀が数日前から通貨スワップ市場に介入、ドルの流動性を供給

 [ソウル 24日 ロイター] 韓国銀行(中央銀行)国際局のAhn Byung-chan局長は24日、同中銀が過去数日間にわたって国内のドル/ウォンスワップ市場に介入し、かなりの量のドルの流動性を供給していることを明らかにした。

 同局長は電話で「(中銀は)数日前から市場に介入しており、きょうも関与している。不安定感があり、(中銀が)市場心理を落ち着かせる必要があったためだ」と説明した。

 同局長はまた、7000億ドルの米金融安定化策が最終的には米議会に承認され、来週からソウルのスワップ市場のドル資金不足が解消し始めるとの見方を示した。

原文参照番号[nSEO134879](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:nSEO134879]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up