for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アジア通貨動向(21日)=ウォンが11カ月ぶり高値、休場多く商い閑散

 [シンガポール 21日 ロイター] 21日のアジア通貨市場は、休日の国が多く薄商いとなるなか、韓国ウォンが対米ドル11カ月ぶり高値に上昇し、1200ウォンの節目に接近している。

 この日は、インド、インドネシア、マレーシア、シンガポール、フィリピン、日本が祝日で休場。

 米ドルは連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて上昇している。

 韓国ウォンKRW=は前週末から約5ウォン高の1米ドル=1202.2ウォンと2008年10月以来の高値に上昇した。外国人投資家の韓国株買いが続いていることが背景。その後、市場筋から韓国銀行の米ドル買い介入観測が聞かれた。

 あるソウルのディーラーは「介入を考えると、ウォンをさらに買い上げるのは難しい」と述べた。

 *0631GMT(日本時間午後3時31分)時点のアジア各国通貨の対米ドル相場は次の通り。

 シンガポールドル    1.4179

 台湾ドル     32.403

 韓国ウォン   1202.35

 タイバーツ       33.70

 人民元        6.8294

原文参照番号[nSP480702](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:SP480702]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up