for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE1: アジア通貨動向(19日)=軟調、韓国ウォンの下げ目立つ

 [シンガポール 19日 ロイター] 19日のアジア通貨市場では、ドイツの空売り規制を受け全般的に軟調となるなか、韓国ウォンの下げが目立った。

 韓国ウォンKRW=はドルに対して1.8%安の1167.5ウォンと、5月7日以来の安値をつけた。金融規制強化に対する警戒感から投資家のリスク回避が強まり、韓国株式市場は2カ月超ぶりの安値をつけた。

 ある市場関係者は「ドルのビッドがかなりあり、輸出業者の取引を吸収するほどの規模だ。外国人投資家の株式売却や投資ファンドによる売りに絡んだドル需要が高まれば、ウォンは午後の取引で一段安となるだろう」と語った。

 フィリピンペソPHP=は0.9%下落し1ドル=45.63ペソ。マニラのトレーダーによると、ドイツの空売り規制の発表でドル/ペソが上昇しており、非常にボラタイルな動きだという。

 中銀のペソ支援介入が予想されており、あるトレーダーは「45.70ペソ水準で介入してくるだろう」と述べた。

 ドル/ペソの1カ月物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)PHP1MNDFOR=は45.68ペソとなり、前日終盤の45.38ペソから上昇。オンショアのフォワードは45.428ペソから45.685ペソに上昇。

 ドル/人民元のNDFは小幅上昇。24―25日の米中戦略経済対話を控えたポジション調整を終え、商いは薄いという。

 1年物NDFCNY1YNDFOR=は6.6940元に上昇、2.00%の上昇を織り込む水準。前日は2.22%だった。

 *0821GMT(日本時間午後5時21分)時点のアジア各国通貨の対米ドル相場は以下の通り。

 シンガポールドル 1.3980

 台湾ドル    32.090

 韓国ウォン   1163.90

 タイバーツ    32.30

 フィリピンペソ 45.60

 インドネシアルピア 9160.00

 インドルピー 46.12

 マレーシアリンギ 3.2465

 人民元       6.8276

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up