for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シドニー外為・債券市場中盤=豪ドル堅調、ギリシャ支援策が下支え

 [ウェリントン 12日 ロイター] 週明け12日午前のシドニー外国為替市場の豪

ドル相場は、ユーロ圏各国が300億ユーロ規模のギリシャ支援策で合意したのを受けて

リスク資産に対する投資意欲が改善したことから、堅調に推移している。

 豪ドルAUD=D4は1豪ドル=0.9340米ドル前後。一時は5カ月ぶり高値となる

0.9389米ドルまで値を上げた。次の大きな上値抵抗線は、昨年11月につけた高値

の0.9405米ドルとみられている。

 オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)のデベル総裁補佐が現在の金利水準は平

均から大きく外れてはいないとの認識を示したのを受け、豪ドルはやや小緩んだ。

 RBAは先週、政策金利を4.25%に引き上げるとともに、これは平均に戻すための

措置と説明していた。市場は5月に追加利上げが行われる可能性を29%、7月までの利

上げについては100%織り込んでいる。

 豪ドルは対円AUDJPY=Rで上伸。1豪ドル=87円20銭と、前週の86円88銭から

強含んでいる。

 ユーロに対するショートは減少。一方、リスク資産への投資意欲の高まりと安全資産へ

の買い意欲の衰えから、円に対するショートは増加している。

 豪債券先物は軟化。3年物債YTTc1は0.01ポイント安の94.58、10年物債

YTCc1は0.030ポイント安の94.135となっている。

原文参照番号[nSGE63B002](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した

記事でも380日以内であれば[ID:nSGE63B002]でご覧になれます。なお、契約の内容に

よっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up