Reuters logo
F1=新予選方式、不評により2015年の形式に復帰へ
2016年4月8日 / 02:02 / 2年前

F1=新予選方式、不評により2015年の形式に復帰へ

[ロンドン 7日 ロイター] - 自動車レースF1を統括する国際自動車連盟(FIA)は7日、次週の今季第3戦、中国グランプリ(GP)から予選方式を2015年のフォーマットに戻すと発表。F1委員会と世界モータースポーツ評議会で正式承認される見込みとなった。

 4月7日、自動車レースF1を統括するFIAは次週の今季第3戦、中国GPから予選方式を2015年のフォーマットに戻すと発表した。写真左は交渉を行ったメルセデスのニキ・ラウダ氏。3日撮影(2016年 ロイター/Hamad I Mohammed)

F1は今季から、各ステージ終了ごとではなく、ステージ中に最も遅いドライバーが1人ずつ順次脱落していく新しい予選方式を導入。しかし期待されていた効果は得られず、最終ステージではポールポジションを争っている最中ではなく、待機中にドライバーが脱落する事態が起き、ソーシャルメディアから多くの不満が噴出した。

FIAのジャン・トッド会長とF1トップのバーニー・エクレストン氏は第2戦のバーレーンGPで過去の予選方式には戻らないとの見解を表明し、代案としてタイムの合計を競う方式を提案していた。しかしチームが団結し、書面で2015年の方式に戻すことを要求し、主張を通すかたちとなった。

新予選方式は、今季開幕直前に急いで導入されたもの。エクレストン氏は、プロモーターの要求によるものだったと話し、グリッドの変革を起こしたかったと説明している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below