November 23, 2018 / 1:56 AM / 19 days ago

F1=クビツァがウィリアムズでレース復帰へ、重傷事故から復活

 11月22日、自動車レースF1の元ドライバー、ロベルト・クビツァ(写真右)は来季にウィリアムズでF1ドライバーとして復帰することを明かした。メルボルンで3月撮影(2018年 ロイター/Brandon Malone)

[アブダビ 22日 ロイター] - 自動車レースF1の元ドライバー、ロベルト・クビツァ(33、ポーランド)は22日、来季にウィリアムズでF1ドライバーとして復帰することを明かした。

クビツァは2011年、北イタリアで趣味のため参加したラリーで生命を脅かす事故にあい、腕や脚などに重傷を負ってF1引退を余儀なくされた。リハビリ後は世界耐久選手権(WEC)に参加し、フォーミュラEやGP3のマシンのテスト走行を行ったほか、昨年にはF1マシンのテスト走行に臨むまでに回復していた。

2010年以来のF1復帰となるクビツァは報道陣に対し、「おそらく誰もが信じておらず、私だけが諦めなかったストーリーだ。みんなが不可能かもしれないと思っていた」と語り、不可能はないと示せたと力を込めた。

また昨年、腕の動作に一部制限があることを認めていたが、「十分に競争できないと思っていたら、私はここにはいない。周囲の人々が私の状態を見て、疑問に思うのは当然のこと。信じがたいことは理解しているが、ウィリアムズはそれが可能であることを今年見て、私は16カ月から18カ月間それを見てきた」と話し、レースに支障はないとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below