May 9, 2019 / 2:04 AM / 14 days ago

F1=スペインGPはハミルトンが本命も、フェラーリへのテスト

 5月8日、自動車レースF1は今週末にスペインGPを迎えるが、同GPをこれまでに通算4勝で3連勝中のルイス・ハミルトンが本命と目されている。4月にバクーで撮影(2019年 ロイター/Anton Vaganov)

[8日 ロイター] - 自動車レースF1は今週末にスペイン・グランプリ(GP)を迎えるが、同GPをこれまでに通算3勝で2連勝中のルイス・ハミルトン(英国、メルセデス)が本命と目されている。

今季は開幕4戦を終え、全レースでメルセデスが1位と2位を独占している。同GPを開催するカタロニア・サーキットにおけるプレシーズンテストで絶好調だったフェラーリにとって、このGPはタイトル獲得へ向けたリトマス試験紙のような位置づけにある。

もし、ここ5年で個人総合優勝4回を誇るメルセデスのハミルトンが、ベンチマークのようなサーキットで再び速さを見せつければ、その記録はフェラーリの壁になると見込まれる。そのため、フェラーリは物事を好転させ始める必要に迫られている。

フェラーリのセバスチャン・フェテル(ドイツ)は「ここ4戦を見れば、私たちは本命としてバルセロナに乗り込むわけではないと思う」と、前戦のアゼルバイジャンGP後に述べている。

メルセデスのトト・ウォルフ代表は「ここまで比較的に分かりやすい状況だと言えるが、実際のところは出来過ぎだ。パフォーマンスは4戦の中で変動している」として、「スペインGPは決して簡単ではないだろう」と見通しを述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below