July 9, 2018 / 10:40 PM / 4 months ago

コムキャスト、フォックスのスポーツ資産買い手特定中=関係筋

 7月9日、米ケーブルテレビ(CATV)大手コムキャストは、米メディア大手の21世紀フォックスの地域スポーツネットワークの買い手候補特定を進めている。6月撮影(2018年 ロイター/Mike Blake)

[9日 ロイター] - 米ケーブルテレビ(CATV)大手コムキャスト(CMCSA.O)は、米メディア大手の21世紀フォックス(FOXA.O)の地域スポーツネットワークの買い手候補特定を進めている。フォックス資産の大半取得に向けた新たな提案を巡り、独占禁止関連の懸念緩和を狙う。関係筋が明らかにした。

フォックスは先月、同社事業の買収を計画している米娯楽・メディア大手ウォルト・ディズニー(DIS.N)が買収額を713億ドルに引き上げたと発表した。同筋によると、コムキャストは反トラストリスクを巡るフォックス側が抱く懸念の緩和と、ウォルト・ディズニーへの売却合意阻止の可能性が高まると期待しているとされる。

同筋によれば、コムキャストはアポロ・グローバル・マネジメント(APO.N)やブラックストーン・グループ(BX.N)などプライベートエクイティ(PE)会社と、地域スポーツネットワーク取得への関心を探るため交渉中だ。通信・メディア企業が買収に関心を示す可能性もある。

フォックス株主はディズニーの買収案を巡り、27日に投票する予定だ。同筋は、コムキャストが同日までにフォックスへの買収提案を予定していると語った。

コムキャストは、売却が必要な地域スポーツネットワークについて規制当局との協議に前向きとしつつ、コムキャストとフォックスのスポーツ関連で重複するのは8カ所に過ぎないとみているという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below