December 14, 2017 / 4:51 PM / a year ago

ディズニー、フォックスの映画・TV事業などを524億ドルで買収へ

[ 14日 ロイター] - 米娯楽大手ウォルト・ディズニーは14日、メディア大手21世紀フォックスの映画・テレビ事業などを524億ドルで買収すると発表した。フォックスの抱える純債務(約137億ドル)を含めた買収総額は約661億ドルとなる。

ディズニーが買収するのはフォックスの映画、テレビ番組制作、 娯楽関連ケーブル・ネットワーク、海外テレビ事業。フォックスの抱える映画「アバター」や「Xメン」、TV番組「シンプソンズ」などの人気コンテンツを取得することで動画配信サービス向けコンテンツを拡充し、ネットフリックスやアマゾン・ドット・コムなどのデジタル勢への対抗を狙う。

買収は株式交換を通じ実施し、フォックスの株主は1株当たりディズニー株0.2745株を受け取る。買収手続き完了後、フォックスの株主はディズニー株の約25%を保有することになる。

株式交換による買収を通じた株式の希薄化を相殺するため、ディズニーは最大200億ドルの自社株買いを実施する見通し。

買収は1年ー1年半後に完了の見通し。

今回の買収によって、ディズニーはフォックスの持つ動画配信サービスHulu(フールー)の株式を獲得し、同社の過半数株式を保有することになる。さらにフォックスの抱えるインドのスターTVネットワークや英放送局スカイの株式も取得する。

ディズニーのボブ・アイガー最高経営責任者(CEO)は、フォックス事業との統合を指揮するため、任期を2021年末まで延長する。

また、フォックスは買収手続きを前に、FOXニュース・チャンネルやスポーツ・チャンネルなどの放送事業を分離する。同事業を新会社として上場させ、今後はニュースやスポーツの生放送に注力する方針だ。

同ニュースを受け、フォックスの株価は2.2%超上昇。ディズニーは小高く推移した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below