for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-台湾鴻海、第2四半期は予想上回る12%増益 今期の見通しは慎重

(情報を追加しました)

[台北 10日 ロイター] - 電子製品受託世界最大手、台湾の鴻海精密工業が10日発表した第2・四半期決算は、予想を上回る12%の増益となった。スマートフォンとクラウドコンピューティング製品への強い需要が寄与した。

第3・四半期については「慎重」だが、伸びを予想しているとした。

4─6月の純利益は332億9000万台湾ドル。リフィニティブがまとめたアナリストの予想平均の310億2000万台湾ドルを上回った。前年同期は297億8000万台湾ドルだった。

売上高は12%増の1兆5000億台湾ドルだった。

スマートフォンを含むスマート家電が「大幅な伸び」を記録し、全体の売上高の半分を占めたと指摘した。

しかし新型コロナウイルスの大流行時に好調だったスマホや「スマートウェアラブル端末」の需要が減速しているとして、第3・四半期は同部門の売上高が横ばいになると予想した。

一方、クラウドとネットワーク製品は第3・四半期に堅調な売り上げを予想していると述べた。

今年の総売上高が増加するとした先月の見通しを維持した。具体的な数字は示さなかった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up