for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

台湾フォックスコン、インドで半導体製造へ ベダンタと合弁会社

米アップルの主要サプライヤーである台湾の電子製品受託生産大手、鴻海科技集団(フォックスコン)は14日、世界的な半導体不足の中で事業の多角化を目指す中、インドの複合企業ベダンタと提携し、同国で半導体を製造すると発表した。写真は2016年6月、台北で撮影(2022年 ロイター/Tyrone Siu)

[台北 14日 ロイター] - 米アップルの主要サプライヤーである台湾の電子製品受託生産大手、鴻海科技集団(フォックスコン)は14日、世界的な半導体不足の中で事業の多角化を目指す中、インドの複合企業ベダンタと提携し、同国で半導体を製造すると発表した。

フォックスコンは近年、電気自動車(EV)や半導体などの分野にも進出。発表文の中でベダンタとの覚書に署名したとした上で、「インドにおける電子機器の国内製造を大きく後押しするもの」だと説明した。

1億1870万ドルを投じてベダンタと合弁会社を設立する。合弁会社の過半株式はベダンタが握り、フォックスコンは株式の40%を保有するという。

「合弁会社はインドにおける半導体製造のためのエコシステムを構築するというモディ印首相のビジョンを支援するものだ」としている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up