for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州、国境警備強化や単一移民政策が必要=仏大統領

マクロン仏大統領は5日、イスラム過激派による攻撃事件が相次いでいることを受け、欧州は域外との境界線の警備を強化する必要があるとの考えを示した。ルペルテュで5日代表撮影(2020年 ロイター)

[パリ 5日 ロイター] - マクロン仏大統領は5日、イスラム過激派による攻撃事件が相次いでいることを受け、欧州は域外との境界線の警備を強化する必要があるとの考えを示した。

マクロン氏はフランスとスペインの国境を訪問し、不法移民の取り締まりの強化が必要と指摘。「境界線の警備強化に向け、(国境審査なしで自由に出入国できる)シェンゲン協定の抜本的な改革を支持する」と述べ、12月の欧州連合(EU)首脳会議で提案すると明らかにした。

シェンゲン協定にはEU加盟27カ国のうち22カ国が参加。このほかアイスランド、ノルウェー、スイス、リヒテンシュタインが参加している。

マクロン大統領はまた、EUとして単一の移民政策を策定する必要があるとも指摘。フランスは国境警備の人員を倍増させるとし、「不法移民のほか、テロリズムに関係している恐れのある人身売買業者に対する取り締まりを強化する必要がある」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up