December 27, 2018 / 2:48 AM / 6 months ago

仏財政赤字、対GDP比3%超えは19年に限り容認=欧州委員

 12月27日、欧州委員会のエッティンガー委員(予算・人事担当、写真)は、フランスの財政赤字が2019年に欧州連合(EU)の上限である対国内総生産(GDP)比3%を上回ることは、1回限りなら例外的に容認するとの立場を示した。写真はフランクフルト近郊のエッシュボルンで1月撮影(2018年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[ベルリン 27日 ロイター] - 欧州委員会のエッティンガー委員(予算・人事担当)は27日、フランスの財政赤字が2019年に欧州連合(EU)の上限である対国内総生産(GDP)比3%を上回ることは、1回限りなら例外的に容認するとの立場を示した。

独フンケ・メディアグループとのインタビューで語った。

フランスは前週、来年の財政赤字が対GDP比3.2%と、当初計画の2.8%から増大する可能性があるとの見方を示した。

エッティンガー委員は、EUが定める3%の財政赤字上限を超える予算案を示したことで、マクロン仏大統領の「権威は失墜した」との見方を示した。ただ、同大統領は依然としてEUの強力な擁護者だとも述べた。

また、EUはフランスの予算案を数週間前に既に審査しており、再審査は行わないとした。

その上で「マクロン大統領が特に労働市場に関する改革を引き続き推進し、フランスが成長軌道を維持することが極めて重要だ」と強調した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below