December 22, 2017 / 6:02 AM / 4 months ago

フランス議会、18年予算案可決 マクロン政権で初

[パリ 21日 ロイター] - フランス議会は21日、マクロン大統領就任後初となる2018年度の最終予算案を可決した。

 12月21日、フランス議会は、マクロン大統領就任後初となる2018年度の最終予算案を可決した。パリのエリゼ宮殿で行われたイベントで発言する同大統領。代表写真(2017年 ロイター)

予算案には大幅な税制改革が盛り込まれ、富裕税を不動産税に絞る措置やキャピタルインカムへの一律30%課税を導入する。

最終的な予算案では歳入が857億ユーロ(1016億8000万ドル)不足すると見込み、当初案の829億ユーロから拡大した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below