November 8, 2019 / 1:28 AM / 11 days ago

フランス、パリ郊外の複合商業施設の計画撤回 中国勢も参画

 11月7日、マクロン仏大統領は仏小売り大手オーシャンと中国の複合企業、大連万達(ワンダ)がパリ郊外に建設を予定していた総工費30億ユーロ(33億2000万ドル)の複合商業施設計画の撤回を決めた。写真はサン・セバスティアン・シュル・ロワールにあるハイパーマーケット。4月30日撮影(2019年 ロイター/Stephane Mahe)

[パリ 7日 ロイター] - マクロン仏大統領は、仏小売り大手オーシャン[AUCH.UL]と中国の複合企業、大連万達(ワンダ)[WPIC.UL]がパリ郊外に建設を予定していた総工費30億ユーロ(33億2000万ドル)の複合商業施設計画の撤回を決めた。仏大統領府が7日、明らかにした。

計画によると、パリ郊外のシャルル・ドゴール空港とル・ブルジェ空港の間に、サーカス劇場や屋内スキー場、飲食店などを備えたショッピングモール「ヨーロッパシティ」を建設し、2027年に開業する予定だった。

ただ、環境活動家などは、パリ郊外に広範囲に自然が残る数少ない地域で、その1つを破壊することになるとして同計画に強く反対した。

仏大統領府は「時代遅れのプロジェクトで、市民の望むものではなかった」と説明した。

マクロン氏は昨年初め、仏西部ナントに「ノートルダム・デ・ランド空港」を建設する計画も撤回しており、大型施設の建設計画を白紙に戻したのは大統領就任後、2回目となる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below