for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シラク元仏大統領が死去、86歳

 9月26日、フランスのシラク元大統領が死去した。86歳だった。写真はエリゼ宮で会見するシラク大統領(当時)。2007年3月11日撮影(2019年 ロイター/Philippe Wojazer)

[パリ 26日 ロイター] - フランスのシラク元大統領が死去した。86歳だった。親族が26日、ロイターに明らかにした。

シラク氏は1995─2007年に大統領を務めた。ド・ゴール元大統領の理念を引き継ぎ、国際舞台でのフランスの地位向上に努めた。

シラク氏は1932年パリ生まれ。パリ政治学院と国立行政学院(ENA)で学んだ後、軍隊を経て政界入りし、1974年に41歳で首相に就任した。その後、1977年にパリ市長に当選。1995年に大統領に就任するまでの18年間、市長を務めた。

政治家としては共産主義、超国家主義などに振れた後、主流の中道右派に落ち着いた。こうした変遷から「カメレオン・ボナパルト」のあだ名が生まれた。

退任後の2012年12月に公金流用の罪で有罪判決を受けたが、服役はしなかった。晩年は神経性疾患を患い、公の場に姿を現すことはほとんどなかった。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up