September 21, 2018 / 8:57 AM / a month ago

仏GDP、第2四半期確報値は前期比+0.2%で変わらず

[パリ 21日 ロイター] - フランス国立統計経済研究所(INSEE)が発表した第2・四半期の国内総生産(GDP)確報値は前期比0.2%増で、改定値と変わらなかった。伸び率は第1・四半期から横ばいとなった。

第2・四半期は家計の実質総可処分所得が0.7%増加。一方で、貯蓄率は第1・四半期の13.7%から14.3%に上昇。個人消費は落ち込んだ。

INSEEはこれまで、第2・四半期に0.1%減となった個人消費について、交通機関のストライキが旅行支出に打撃を与えたと説明。季節外れの暖かい気候となったこともエネルギー支出に影響を与えた。

また、企業投資は1.2%増。一方で企業利益率は第1・四半期の32%から31.5%に低下した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below