April 30, 2019 / 8:11 AM / 3 months ago

第1四半期の仏GDP速報値、前期比+0.3% 予想と一致

フランス国立統計経済研究所(INSEE)が30日発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)速報値は前期比0.3%増となり、ロイターがまとめた市場予想と一致した。写真はエッフェルタワー。14日撮影(2019年 ロイター/Regis Duvignau)

[パリ 30日 ロイター] - フランス国立統計経済研究所(INSEE)が発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)速報値は前期比0.3%増となり、ロイターがまとめた市場予想と一致した。

昨年末に反政府デモの影響を受けた個人消費が回復した。GDP伸び率が0.3%となるのは3四半期連続。

ルメール財務相はテレビ番組で、仏経済は多くの欧州諸国と比べて良好だとの見方を示し、「明るい要素が幾つかある。投資のほか個人消費も非常に重要だ」と述べた。一方「輸出など懸念材料もまだある。輸出に関しては競争力向上に取り組む必要性が示された」と指摘した。

家計消費は0.4%増。2018年第4・四半期は反政府デモが打撃となって横ばいだった。

企業投資は0.5%増。第4・四半期の0.4%増から伸びがやや加速した。

輸出の伸びは0.1%にとどまった。第4・四半期はエアバスの航空機出荷が輸出を押し上げていた。

輸入の伸びは0.9%となり、純輸出は成長率を0.3%ポイント押し下げた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below