Reuters logo
3月仏総合PMI改定値、約6年ぶり高水準 速報値からは下方改定
2017年4月5日 / 09:02 / 8ヶ月前

3月仏総合PMI改定値、約6年ぶり高水準 速報値からは下方改定

[パリ 5日 ロイター] - マークイットが発表した3月のフランス購買担当者景気指数(PMI)改定値によると、製造業とサービス業を合わせた総合PMI改定値が56.8と、前月の55.9から上昇し、約6年ぶり高水準となった。

速報値の57.6からは下方改定された。

サービス部門PMI改定値は57.5と、2月の56.4から上昇した。ただ、速報値(58.5)は下回った。

マークイットのエコノミスト、アレックス・ギル氏は、下方改定されたものの、第1・四半期のサービス部門は堅調だったことが示されたと指摘。企業は3月に雇用を拡大し、新規ビジネスも上向いたとの見方を示した。

その上で「サービス部門は今後の大統領選めぐる不透明感にも関わらず、おおむね堅調を維持している」と語った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below