Reuters logo
4月仏製造業PMI改定値は55.1、6年ぶり高水準
2017年5月2日 / 08:56 / 7ヶ月前

4月仏製造業PMI改定値は55.1、6年ぶり高水準

[パリ 2日 ロイター] - IHSマークイットが2日発表した4月のフランス製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は55.1と、3月の53.3から上昇。2011年3月以来6年ぶりの高水準となった。原料コストの上昇を受け、企業が値上げを実施したにもかかわらず、新規受注が一段と改善した。

 5月2日、IHSマークイットが発表した4月のフランス製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は55.1と、3月の53.3から上昇。2011年3月以来6年ぶりの高水準となった。写真はパリ近郊で2月撮影(2017年 ロイター/Benoit Tessier)

速報値からは変わらなかった。景況悪化と改善の分かれ目となる50を引き続き上回った。

新規受注は7カ月連続で改善し、6年ぶりの高水準に達した。一部の企業は建設セクターからの需要改善がみられるとした。

仏国内の製造業者は6カ月連続で値上げしたが、相対的なユーロの弱含みを受け、アジアやブラジル、インド、スペインなどからの海外受注が改善した。

IHSマークイットのエコノミスト、アレックス・ギル氏は「企業が先行きの成長見通しに対し楽観的な見方を維持するなかで、雇用創出率が加速していることは、経済成長のモメンタムが今後数カ月にわたって続くことを示唆している」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below