October 1, 2019 / 8:46 AM / in 22 days

9月の仏製造業PMI改定値は50.1に低下、生産や新規受注が悪化

 10月1日、IHSマークイットが発表した9月のフランス製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は50.1となり、前月の51.1から低下した。写真はボーリュ=シュル=レイヨンにある工場で9月撮影(2019年 ロイター/Stephane Mahe)

[パリ 1日 ロイター] - IHSマークイットが発表した9月のフランス製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は50.1となり、前月の51.1から低下した。生産と新規受注が悪化した。速報値は50.3だった。

景況拡大と悪化の節目とされる50はやや上回った。

IHSマークイットのエコノミスト、エリオット・カー氏は、「生産は8月は一時的に回復したものの、9月には再び悪化し、製造業の不振が続いている」と指摘。「新規受注のトレンドも同様で、需要のさらなる落ち込みを示唆している。9月の新規事業の悪化は主に国内市場でみられた」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below