October 3, 2019 / 8:51 AM / 2 months ago

9月の仏サービス部門PMI改定値は51.1へ低下

 10月3日、IHSマークイットが3日発表した9月の仏サービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値は51.1と前月の53.4から低下した。写真はパリで昨年10月撮影(2019年 ロイター/Philippe Wojazer)

[パリ 3日 ロイター] - IHSマークイットが3日発表した9月の仏サービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値は51.1と前月の53.4から低下した。速報値の51.6から下方改定された。新規事業の伸びが鈍化した。

総合指数も50.8と8月の52.9から低下した。速報値は51.3だった。PMIは50が好不況の分かれ目となる。

IHSマークイットのエコノミスト、エリオット・カー氏は「第3・四半期の終わりに民間部門の活動が弱まった」と述べ、サービス業の伸びが鈍化し、製造業も再び落ち込んだと分析した。

その上で「サービス部門の結果は特に心配だ。製造業(の低迷)の影響が及びつつあることを示すものだ」と指摘した。それでもフランスは他の欧州諸国よりも良い状況にあると述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below