December 2, 2019 / 10:05 AM / 9 days ago

仏製造業PMI改定値、11月は51.7 5カ月ぶり高水準

[パリ 2日 ロイター] - IHSマークイットが発表した11月のフランス製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は51.7と、前月の50.7から上昇した。

速報値の51.6から小幅に上方修正された。

好不況の分かれ目となる50を上回り、5カ月ぶりの高水準となった。

内訳では、2カ月連続で減少していた新規受注が増加に転じた。顧客の需要が拡大していることが浮き彫りとなった。

IHSマークイットのエコノミスト、エリオット・カー氏は「11月のフランス製造業は全面的に良好な結果となった」と指摘。

「生産の伸び率は、低迷が続いているものの、5カ月ぶりの高水準だ。新規受注が再び拡大したことが寄与した。また、企業は引き続き追加の人員を採用しており、雇用創出ペースは2018年7月以降で最高だ」と述べた。

フランスではこのところ製造業の好調さが際立っている。内需が相対的に力強いほか、ドイツに比べて貿易依存度がはるかに低いことが背景。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below