December 4, 2019 / 10:03 AM / 5 days ago

仏総合PMI改定値、11月は52.1に低下 サービス部門で需要鈍化

12月4日、IHSマークイットが発表した11月の仏総合購買担当者景気指数(PMI)改定値は52.1と、前月の52.6から低下した。仏パリ郊外で2015年7月撮影(2019年 ロイター/Philippe Wojazer)

[パリ 4日 ロイター] - IHSマークイットが発表した11月の仏総合購買担当者景気指数(PMI)改定値は52.1と、前月の52.6から低下した。

速報値は52.7だった。サービス部門で顧客の需要が鈍化した。

サービス部門PMI改定値は52.2と、前月の52.9から低下。速報値の52.9も下回った。

PMIは50が好不況の分かれ目となる。

IHSマークイットのエコノミスト、エリオット・カー氏は「サービス部門全体で需要が伸び悩んだ。新規受注の伸びが10月から鈍化し、その結果、経済活動の拡大ペースがやや減速した」と述べた。

製造業の生産は増加したが、サービス業の低迷を補うほどではなく、全体の生産の伸びは鈍化したという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below