March 4, 2020 / 9:56 AM / a month ago

仏サービス部門PMI改定値、2月は52.5に上昇 4カ月ぶり高水準

[パリ 4日 ロイター] - IHSマークイットが4日に発表した2月のフランスのサービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値は52.5で、前月の51.0から上昇、昨年10月以来4カ月ぶりの高水準を記録した。

速報値の52.6からは若干の下方修正となった。

PMIは50が好不況の分かれ目とされる。

サービス業が製造業の不振を補う形となった結果、サービス業と製造業を合わせた総合PMI改定値は52.0と、前月の51.1から上昇した。速報値は51.9だった。

IHSマークイットのエコノミスト、エリオット・カー氏は、指数の上昇について、2019年第4・四半期にマイナス成長に陥った仏経済が、第1・四半期には再び成長軌道に戻ることへの期待を持たせるものだが「新型コロナウイルスの感染が欧州でも広がる中、回復は危うくなった。感染が一段と広がれば、製造業とサービス業の両方が打撃を受けることはほぼ確実だ」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below