September 3, 2018 / 9:51 AM / 2 months ago

8月の仏製造業PMI改定値は53.5、前月から上昇

[パリ 3日 ロイター] - IHSマークイットが発表した8月の仏製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は53.5と、7月の53.3から上昇し、5月以来の高水準になった。

速報値の53.7からはやや下方改定されたが、景況拡大と悪化の分かれ目となる50を引き続き上回った。

新規受注は2月以来の強さとなったが、海外からの需要はほとんど改善しなかった。雇用はより緩やかながら拡大した。

IHSマークイットのエコノミスト、ティム・ムーア氏は「営業利益の悪化と需要見通しに関する懸念の高まりを反映し、雇用創出率が2017年5月以来の低水準まで下落した。また製造業における企業景況感は2016年末以来の低水準に落ち込んだ。世界的な貿易摩擦と輸出需要の不振が向こう12カ月の生産の伸びを抑制する可能性がある」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below