March 1, 2019 / 9:34 AM / 6 months ago

仏製造業PMI改定値、2月は51.5に上方修正 国内需要が下支え

 3月1日、IHSマークイットが発表した2月のフランス製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は51.5となり、前月の51.2から上昇した。2018年撮影(2019年 ロイター/Benoit Tessier)

[パリ 1日 ロイター] - IHSマークイットが発表した2月のフランス製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は51.5となり、前月の51.2から上昇した。速報値の51.4から上方修正した。国内需要が輸出の弱さを補った。

生産が昨年9月以降で初めて増加したほか、新規受注も10月以来始めて増加に転じた。

IHSマークイットは、輸出受注が6カ月連続で弱含む中、受注全体が改善したのは完全に国内の需要によるものと指摘。IHSマークイットのエコノミスト、エリオット・カー氏は「フランス国内の需要が、悪化する輸出市場に抵抗したといえるだろう」としている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below