April 1, 2019 / 7:36 AM / in 19 days

仏製造業PMI改定値、3月は49.7に下方改定

 4月1日、IHSマークイットが発表した3月のフランス製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は49.7となり、速報値の49.8から下方改定された。写真はフランスのリモージュで昨年11月撮影(2019年 ロイター/Regis Duvignau)

[パリ 1日 ロイター] - IHSマークイットが発表した3月のフランス製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は49.7となり、速報値の49.8から下方改定された。

輸出が伸び悩み、好不況の分かれ目となる50を下回った。

2月は51.5だった。

1─2月は、反政権抗議活動「黄色いベスト運動」に収束の兆しがみえたことから、企業心理が改善していたが、3月には一部の週末デモで再び暴力行為が発生した。

IHSマークイットのエコノミスト、エリオット・カー氏は「残念ながら、フランスの製造業は年初の上向きの勢いを維持できなかった」とし「黄色いベスト運動が今後も目を引くようなら、内需は低迷するだろう。輸出も支援要因とはなっていないようだ」と述べた。

新規輸出受注は7カ月連続で減少。乗用車や小売り製品の需要が低迷した。

*カテゴリーを変更しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below