September 2, 2019 / 8:45 AM / 21 days ago

8月の仏製造業PMI改定値は51.1に上昇、新規受注好調

 9月2日、IHSマークイットが2日に発表した8月のフランス製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は51.1となり、景況拡大と悪化の節目とされる50を上回った。写真はフランスのディエップにある自動車工場で2015年9月撮影(2019年 ロイター/Philippe Wojazer)

[パリ 2日 ロイター] - IHSマークイットが2日に発表した8月のフランス製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は51.1となり、景況拡大と悪化の節目とされる50を上回った。7月の49.7から上昇し、速報値の51.0からも上方修正された。生産と顧客の需要が持ち直した。

8月は新規受注指数が50を上回ったばかりでなく、約1年ぶりの高水準を記録。将来の製造業の活動にとって前向きなサインとなった。

IHSマークイットのエコノミスト、エリオット・カー氏は、現在の生産が過去6カ月で2度目の増加となったことを指摘し「他の欧州諸国が苦戦する中、仏製造業が底堅いことを示している」などと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below