for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

仏サービス部門PMI改定値、5月56.6へ上昇 封鎖緩和受け

[パリ 3日 ロイター] - IHSマークイットが発表した5月のフランスのサービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値は56.6と前月の50.3から上昇し、2020年7月以来の高水準となった。速報値から改定はなかった。

ロックダウン(都市封鎖)の緩和を受けて商店やカフェなどが営業を再開するなどサービス業の活動が活発になった。PMIは50が景気拡大と悪化の分かれ目となる。

サービス業と製造業を合わせた総合PMI改定値は57.0と4月の51.6から上昇した。こちらも速報値から改定されなかった。

IHSマークイットのエコノミスト、シリヤ・パテル氏は「国内市場からの力強い需要が上昇を支えた」と指摘した。

「従業員数の伸びが鈍く受注残が大幅に増加した。生産能力が制約され生産に支障が出た」とも述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up