February 5, 2019 / 9:34 AM / 5 months ago

仏サービス部門PMI改定値、1月は47.8 5年ぶり低水準

    * 1月の仏サービス部門PMI改定値は47.8(速報値:47.5)
    * 1月の仏総合PMI改定値は48.2(速報値:47.9)

    [パリ 5日 ロイター] - IHSマークイットが発表した1月
の仏サービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値は47.8と前
月の49.0から悪化し2014年2月以来の低い水準となった。
    景気判断の分かれ目となる50を2カ月連続で割り込んだ。ただ速
報値の47.5から上方改定された。
    反政府抗議デモ、「黄色いベスト」運動を受けて悪化した景況感が
、1月に入ってデモがやや落ち着いても回復していないことが明らかに
なった。
    サービス業と製造業を合わせた総合PMI改定値も48.2と前月
の48.7から低下し2014年11月以来の低水準を記録した。速報
値は47.9だった。
    IHSマークイットのエコノミスト、エリオット・カー氏は「1月
のサービス部門はデモの影響を受けた12月から一段と落ち込んだ」と
述べ「(調査の)回答者は顧客からの受注鈍化を報告しており、今月の
低迷は主に需要側の要因のようだ」と分析した。
    1月の新規受注指数は2013年6月以来の落ち込みとなり、サー
ビス業の先行きに暗い影を投げ掛ける結果となった。

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below