June 5, 2019 / 8:57 AM / 16 days ago

仏サービス部門PMI改定値、5月は51.5に上昇

    [パリ 5日 ロイター] - IHSマークイットが発表した5月
の仏サービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値は51.5と、
4月の50.5から上昇し、6カ月ぶりの高水準となった。
    景況拡大と悪化の分かれ目となる50を上回った。速報値は51.
7だった。
    サービス業と製造業を合わせた総合PMI改定値は51.2と、前
月の50.1から上昇した。速報値は51.3だった。
    IHSマークイットのエコノミスト、エリオット・カー氏は5月の
PMIについて、政府に抗議する「黄色いベスト」運動の経済への悪影
響が弱まっていることを示したと述べた。
    「PMIの改善は主にサービス部門によるもので、同部門では生産
と新規受注の両方が拡大した。一方で、製造業からの下方圧力も弱まっ
た」と指摘した。

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below