August 5, 2019 / 9:36 AM / 4 months ago

仏サービス部門PMI改定値、7月は52.6に低下

    * 7月のフランスサービス部門PMI改定値は52.6(速報値:52.2
)
    * 7月のフランス総合PMI改定値は51.9(速報値:51.7)

    [パリ 5日 ロイター] - IHSマークイットが発表した7月
の仏サービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値は52.6と、
6月の52.9から低下した。
    ただサービス業の雇用は拡大した。速報値は52.2だった。
    6月のPMIは7カ月ぶりの高水準だった。50が好不況の分かれ
目となる。
    製造業とサービス業を合わせた7月の総合PMIは51.9と、6
月の52.7から低下した。速報値は51.7だった。
    IHSマークイットのエコノミスト、エリオット・カー氏は「サー
ビス業が引き続き経済全体を支えている。サービス業の生産が堅調に拡
大しており、製造業の縮小を十二分に補っている」と指摘。
    「サービス業拡大の背景には、新規受注の一段の増加がある。需要
環境が改善しているとの指摘が多かった」と述べた。
    ただ同氏は「製造業の低迷が長引けば、サービス業の重しになる可
能性が高まる」との見方も示した。   

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below