for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

仏総合PMI、2月速報値は45.2に低下 3カ月ぶり低水準

2月19日、IHSマークイットが発表した2月のフランスの総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は45.2で、前月の47.7から低下し、3カ月ぶりの低水準となった。パリで2020年12月撮影(2021年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

[パリ 19日 ロイター] - IHSマークイットが発表した2月のフランスの総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は45.2で、前月の47.7から低下し、3カ月ぶりの低水準となった。市場予想の47.5も下回った。

新型コロナウイルス流行に伴う制限措置により、サービス部門が打撃を受けた。

PMIは50を上回れば景況拡大を、下回れば悪化を示す。

サービス部門PMIは前月の47.3から43.6に低下。こちらも3カ月ぶりの低水準となったほか、予想の47.0も下回った。

一方、製造業PMIは前月の51.6から55.0に上昇。3年ぶりの高水準となったほか、予想の51.4も上回った。IHSマークイットによると、製造部門は新規受注の増加に後押しされている。

IHSマークイットのエコノミスト、エリオット・カー氏は「新型コロナ危機が続く中、今回のPMIデータは仏民間部門が引き続き苦境にあえいでいることを示している」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up