for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

仏民間部門経済、2021年2月以来初の縮小 11月PMI速報値

 S&Pグローバルが23日発表した11月のフランス購買担当者景気指数(PMI)速報値により、同国の民間部門経済が2021年2月以来初めて縮小したことが示された。新規受注の減少が響いた。パリ近郊で1月撮影(2022年 ロイター/Sarah Meyssonnier)

[パリ 23日 ロイター] - S&Pグローバルが23日発表した11月のフランス購買担当者景気指数(PMI)速報値により、同国の民間部門経済が2021年2月以来初めて縮小したことが示された。新規受注の減少が響いた。

サービス部門PMIは49.4で、10月の51.7から低下した。ロイターがまとめたエコノミスト予想の50.6も下回った。PMIは50が好不況の分かれ目となる。

製造業PMIは49.1となり、10月の47.2から上昇、ロイター予想の47.0を上回った。それでも50を割り込んでいるため、製造業は依然として縮小していることになる。

サービス業と製造業を合わせた総合PMIは、10月の50.2から48.8に低下し、ロイターがまとめた予想の49.5を下回った。

S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスのシニアエコノミスト、ジョー・ヘイズ氏は「フランスの製造業は22年下期に入ってから低迷が続いているが、この間、経済活動全体の水準はサービス業の継続的な成長によって支えられてきた。11月にサービス部門の生産が1年半ぶりに減少し、もはや下支えにならなくなったようだ」とした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up