February 14, 2019 / 8:05 AM / in 2 months

仏ILO基準失業率、第4四半期は8.8% 約10年ぶり低水準

 2月14日、フランス国立統計経済研究所(INSEE)が発表した2018年第4・四半期の国際労働機関(ILO)基準失業率は8.8%だった。第3・四半期の9.1%から低下し、2009年第1・四半期以来の低水準となった。写真はパリで2017年12月撮影(2019年 ロイター/BENOIT TESSIER)

[パリ 14日 ロイター] - フランス国立統計経済研究所(INSEE)が発表した2018年第4・四半期の国際労働機関(ILO)基準失業率は8.8%だった。第3・四半期の9.1%から低下し、2009年第1・四半期以来の低水準となった。

ロイターのエコノミスト調査による予想平均は9.1%だった。

INSEEによると、第4・四半期の就業率は66.1%で、第3・四半期の65.9%から上昇し、1980年以来の高水準となった。

海外領土を除いたフランス本土の失業率は8.5%だった。第3・四半期の8.8%から低下し、2009年初め以来の低水準となった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below