Reuters logo
仏大統領選、マクロン氏が初回投票から首位と予想=世論調査
2017年3月23日 / 07:08 / 8ヶ月後

仏大統領選、マクロン氏が初回投票から首位と予想=世論調査

[パリ 23日 ロイター] - 調査会社ハリス・インタラクティブが23日に公表したフランス大統領選に関する最新世論調査によると、4月23日に実施される第1回投票の得票率は、中道系独立候補のマクロン前経済相が26%と、極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首の25%を上回った。

 3月23日、調査会社ハリス・インタラクティブが公表したフランス大統領選に関する最新世論調査によると、4月23日に実施される第1回投票の得票率は、中道系独立候補のマクロン前経済相が26%と、極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首の25%を上回った。写真はパリで昨年11月撮影(2017年 ロイター/Philippe Wojazer)

仏大統領選候補者によるテレビ討論会が20日に行われたが、両者の得票率は、2週間前の前回調査と同じだった。

右派候補のフィヨン氏は18%と、前回の20%から低下。急進左派のメランション氏は13.5%と、左派統一候補で与党社会党のアモン氏(12.5%)を初めて上回った。

5月7日の決選投票では、前回調査と同様に、マクロン氏が65%の票を獲得し、ルペン氏(35%)を制すると予測される。

調査はフランス・テレビジョン向けに3月21─22日に実施され、有権者6383人から回答を得た。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below