Reuters logo
仏大統領選、マクロン氏が第1回投票で首位の見通し=世論調査
2017年3月9日 / 05:17 / 8ヶ月前

仏大統領選、マクロン氏が第1回投票で首位の見通し=世論調査

[パリ 9日 ロイター] - 調査会社ハリス・インタラクティブが9日公表したフランス大統領選に関する世論調査によると、第1回投票で中道系独立候補のマクロン前経済相が、極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首を上回る票を獲得し、決選投票でルペン氏に勝利することが見込まれている。

 3月9日、調査会社ハリス・インタラクティブが公表したフランス大統領選に関する世論調査によると、第1回投票で中道系独立候補のマクロン前経済相が、極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首を上回る票を獲得し、決選投票でルペン氏に勝利することが見込まれている。写真は8日パリの国際女性デーのイベントに妻(右)と参加したマクロン氏(左)(2017年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

マクロン氏が第1回投票で得票率トップになるとの見通しが出たのは、オドクサの調査に次いで2回目となる。

調査はフランス・テレビジョン向けに3月6─8日に実施され、有権者4932人から回答を得た。

最新の調査によると、4月23日に行われる第1回投票の得票率はマクロン氏が26%と、2週間前の調査から6%ポイント上昇。ルペン氏は25%と横ばい。共和党(中道右派)候補のフィヨン元首相は20%と、1%ポイント低下した。

5月7日の決選投票ではマクロン氏が65%の票を獲得し、ルペン氏(35%)を制すると予測されている。2週間前に比べ、マクロン氏の決選投票での得票率は5%ポイント上昇した。

2週間前の調査以降、マクロン氏は公約を発表し、また有力政治家で中道のフランソワ・バイル元教育相の支持を得ている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below