Reuters logo
EUは崩壊へ、ユーロ巡る交渉は独選挙後に実施=仏極右ルペン氏
2017年3月27日 / 01:34 / 8ヶ月前

EUは崩壊へ、ユーロ巡る交渉は独選挙後に実施=仏極右ルペン氏

[リール(フランス) 26日 ロイター] - フランスの極右政党、国民戦線(FN)のルペン党首は26日、北部リールで遊説し、欧州連合(EU)は崩壊すると述べ、自身がフランスをグローバル化の動きから守るとした。

 3月26日、フランスの極右政党、国民戦線(FN)のルペン党首は、北部リールで遊説し、欧州連合(EU)は崩壊すると述べ、自身がフランスをグローバル化の動きから守るとした。写真は24日、ロシア・モスクワで撮影(2017年 ロイター/Maxim Shemetov)

ルペン氏は「EUは崩壊する。もう望まれない存在だからだ。傲慢(ごうまん)で覇権主義的な帝国は滅びる」と述べた。

また「グローバル主義者が敗北する時が来た」と語り、大統領選の中道系独立候補のマクロン前経済相と右派候補のフィヨン氏がEU寄り・市場寄りの政策を掲げているとし、「反逆行為」だと非難した。

ルペン氏は、フランスのEU加盟条件を巡る再交渉を半年行い、その後に離脱の是非を問う国民投票を実施する方針を示している。

同氏は仏紙ル・パリジャンのインタビューで、「今秋に予定されるドイツの連邦議会選の結果を待ちたい」とし、ユーロに関する交渉は最後に行うと述べた。

世論調査では、ルペン氏は4月23日の大統領選第1回投票で上位候補となった後、5月7日の決選投票でマクロン氏に敗北すると予想されている。ただどの候補に投票するかまだ決めていない有権者は多く、選挙結果は予測不可能となっている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below