Reuters logo
仏大統領選でマクロン陣営にサイバー攻撃、ロシアのグループ関与か
April 25, 2017 / 1:40 AM / 8 months ago

仏大統領選でマクロン陣営にサイバー攻撃、ロシアのグループ関与か

[フランクフルト 24日 ロイター] - フランス大統領選で中道系独立候補のマクロン氏の陣営が、一部専門家の間でロシア軍参謀本部情報総局(GRU)と関連があるとされるハッカー集団の攻撃を受けていたことが、セキユリティ企業の調べで明らかになった。

 4月24日、フランス大統領選で中道系独立候補のマクロン氏の陣営が、一部専門家の間でロシア軍参謀本部情報総局(GRU)と関連があるとされるハッカー集団の攻撃を受けていたことが、セキユリティ企業の調べで明らかになった。写真はオスマン帝国のアルメニア人虐殺の記念セレモニーに出席したマクロン氏(2017年 ロイター/Christian Hartmann)

セキュリティー大手トレンドマイクロの研究者フェイケ・ハックボード氏はロイターに対し、ロシアのハッカー集団「ポーン・ストーム」がマクロン氏の選挙陣営に対し、電子メールのフィッシングや選挙サイトへのマルウエア攻撃などを仕掛けた証拠を発見したと明らかにした。

同氏はマクロン氏に対する攻撃について、昨年の米大統領選での民主党陣営への攻撃と関連があることが電子指紋データから明らかだとしたほか、2016年4月と5月にメルケル独首相のキリスト教民主同盟(CDU)に対し行われた攻撃とテクニックが類似していると指摘。

「フィッシングサイトが設定されているのを見た。電子指紋データは米民主党への攻撃の際と同じだった」と述べた。

ロシアはマクロン陣営に対する攻撃への関与を否定している。

セキュリティの専門家によると、ポーン・ストームは盗んだ文書の内容を流すまで時間を置くことで知られており、過去数カ月にマクロン陣営に対し行った攻撃が5月7日の決選投票の結果に影響する可能性は低い。ただ、文書が盗まれたとすれば、マクロン氏が就任した場合に政権基盤の弱体化に利用される恐れがある。

仏政府サイバーセキュリティ当局の報道官はマクロン陣営に対する攻撃があったことは確認したが、ロシアと関連のあるグループによる犯行かどうかはコメントを控えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below