Reuters logo
仏大統領選の第1回投票、マクロン氏がトップ=世論調査
2017年4月21日 / 03:53 / 7ヶ月前

仏大統領選の第1回投票、マクロン氏がトップ=世論調査

[パリ 21日 ロイター] - 21日に公表されたエラベの世論調査によると、23日に行われるフランス大統領選挙の第1回投票の支持率は、中道系独立候補のマクロン前経済相が24%(前回調査と変わらず)となり、トップとなった。

 4月21日、エラベの世論調査によると、23日に行われるフランス大統領選挙の第1回投票の支持率は、中道系独立候補のマクロン前経済相(写真)が24%(前回調査と変わらず)となり、トップとなった。写真はナント近郊のサン=テルブランで19日撮影(2017年 ロイター/Stephane Mahe)

極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首は21.5%(1.5ポイント低下)と2番手。中道・右派の統一候補であるフィヨン元首相は20.0%(0.5ポイント上昇)、急進左派のメランション氏は19.5%(1.5ポイント上昇)となった。

マクロン氏とルペン氏が決選投票に進んだ場合、マクロン氏が65%を獲得し、ルペン氏の35%を上回ると予想されている。

メランション氏が決選投票に進んだ場合、ルペン氏やフィヨン氏に対しては大差で勝利する見込みだが、マクロン氏に対しては41%対59%で敗北するとみられている。

世論調査は、パリのシャンゼリゼ通りで発生した銃撃事件が起こる前の19─20日に実施された。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below