Reuters logo
仏大統領選、マクロン・バイル両氏が会談 決選投票でルペン氏敗れる可能性
February 23, 2017 / 8:18 PM / 10 months ago

仏大統領選、マクロン・バイル両氏が会談 決選投票でルペン氏敗れる可能性

[パリ 23日 ロイター] - フランス中道政党・民主運動のバイル議長(65)が大統領選への出馬を断念し、中道系独立候補のマクロン前経済相(39)を支援すると発表してから一夜明けた23日、マクロン氏はバイル氏と会談した。

マクロン氏は会談後、記者団に対し、極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首(48)は恐怖心をあおるもので、国のため同氏の前に立ちはだかると語った。

こうしたなか、調査会社IFOPの世論調査によると、第1回投票での各候補者の支持率予想は、ルペン氏が26.5%でトップ、次いでマクロン氏が22.5%、右派の最大野党・共和党のフィヨン元首相が20.5%となっている。また上位2名で争う決選投票では、マクロン氏が61.0%、ルペン氏が39.0%と、マクロン氏の勝利が予想されている。

*仏大統領選に関する図表は以下をご覧ください。

tmsnrt.rs/2jLwO20

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below